本文へ移動

共同募金

赤い羽根共同募金運動

「赤い羽根共同募金」とは「共同募金」の愛称です。
赤い羽根共同募金は、民間の運動として戦後直後の1947年(昭和22年)に、市民が主体の取り組みとしてスタートしました。
当初は戦後復興の一助として、戦争の打撃をうけた福祉施設を中心に資金支援する活動としての機能を果たしてきました。
その後、「社会福祉事業法(平成12年社会福祉法に改正)」という法律をもとに「民間の社会福祉の推進」に向けて、社会福祉事業の推進のために活用されてきました。
そして現在、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む、民間団体を支援する仕組みとして、また、市民のやさしさや思いやりを届ける運動として、共同募金は市民主体の運動を進めています。

歳末助け合い運動

歳末たすけあい募金も共同募金の一環です。
歳末たすけあい募金には、市町村の区域毎に行う「地域歳末たすけあい」と、NHKと共催で実施している「NHK歳末たすけあい」があります。
お寄せいただいた寄付金は、共同募金会を通じて、ご寄付をいただいた方のお住まいの地域の心身障がいのある方々、支援を要する子どもたち、介護を必要とされる高齢者、被災された方などを支援する福祉活動に役立てられます。

共同募金は10月1日~12月31日まで

共同募金は、「社会福祉法」に基づき、都道府県ごとに共同募金会を設置し、募金運動を展開しています。
地域福祉の推進を目的に、民間の社会福祉事業に必要な資金を集めるため、全国的に募金運動が展開されます。運動は、毎年1回、北海道から沖縄まで全国一斉に行われます。募金期間は厚生労働大臣の告示によって、決められています。
10月から12月までは一般募金を、12月中は歳末たすけあい募金もあわせて行います。
また、この期間以外でも、様々な寄付金を取り扱っています。

共同募金の仕組み

募金の70%は自分のまちをよくする仕組みに使われています。

地域で集まった募金の約70%は、募金をいただいた地域で使われています。残りの30%は、みなさんの住んでいる市区町村を超えた広域的な課題を解決するための活動に、都道府県の範囲内で使われています。

災害にも共同募金は使われています。

大規模な災害が起こった際のそなえとして、各都道府県の共同募金会では、募金額の一部を「災害等準備金」として積み立てています。この積み立ては、大規模災害が起こった際に、災害ボランティア活動支援など、被災地を応援するために使われています。

なぜ目安額が決められているの???

⇒共同募金は助成額を決めてから募金(寄附)を集める仕組みです。

共同募金は、地域ごとの使い道や集める額を事前に定めて、募金を募る仕組みです。これを「計画募金」と呼び、「助成計画」を明確にすることにより、市民の理解と協力を得やすくしています。また「助成計画」があるからこそ、1世帯当たりの目安額などを定めて募金を集めることができます。目安額は助成計画に基づき定められており、最小限これだけはぜひ必要だという計算から割り出した金額になります。しかし、この目安額はあくまで目安にすぎません。各ご家庭で相応のご協力をいただければ結構です。(地域によってその額や方法に違いがあります)


【令和3年度目標額】
 赤い羽根共同募金運動…2,812,000円
 歳末たすけあい運動 …1,051,000円
 
 

令和3年度 一般募金実績額

 令和3年度も西之表市の皆様方から多くの善意が寄せられました
 
 目標額 2,812,000
 実績額 2,355,867円 (達成率83.8%)
 
戸別
街頭
法人
学校
職域
イベント
個人
その他
合計
1,327,747
208,269
439,000
84,110
78,554
0
217,988
199
2,355,867
※新型コロナウイルス感染症蔓延防止のため、イベント募金は中止しています。

令和2年度 赤い羽根共同募金配分報告

令和2年度は鹿児島県共同募金会より1,638,597円の配分金があり下記のように使われています。
敬老祝い費(90歳以上の高齢者)
251,190円
ボランティア協力校助成金    
(榕城小・上西小・国上小・伊関小・安納小・現和小
 安城小・古田小・住吉小)
450,000円
花いっぱい運動推進費(小・中学校へプランター配分)
136,400円
支部社協福祉活動費(12校区)
600,000円
広報活動費(社協だより)
201,007円

令和3年度 赤い羽根共同募金配分計画

令和3年度は鹿児島県共同募金会より1,545,842円の配分金があり次のように配分計画をしています。
1.老人福祉活動費
311,292円
老人クラブ研修事業費
80,828
敬老祝い事業費
230,464
2.ボランティア活動育成費
500,000円
ボランティア協力校助成費
500,000
3.福祉育成・援助活動費
734,550円
支部社協福祉活動費
600,000
広報活動費
134,550

令和3年度 歳末たすけあい運動実績額

 目標額 1,051,000円
 実績額 1,020,196円(達成率97.1%)
 
戸別
街頭
法人
学校
職域
イベント
個人
その他
合計
1,020,196
0
0
0
0
0
0
0
1,020,196
(NHK歳末
17,800)
※新型コロナウイルス感染症蔓延防止のためイベント、街頭募金は中止しています。

令和3年度 歳末たすけあい募金配分報告

配分金 1,020,196円
 
 
・心身障害者児(者)世帯(6世帯8人) 
・要援護者世帯(3世帯9人)
・独居老人世帯(16世帯16人)
  合計25世帯33人…141,000円(NHK歳末17,800と併せて実施)
・特別支援学級児童生徒支援事業…154,000円              
・令和4年度サービス事業(敬老祝い事業/年末独居高齢者友愛訪問事業)…707,396円
 
令和3年度もみなさまのご協力によりまして、上記のとおり配分することが出来ました。心より感謝申し上げます。
地域住民の協力のもと、新たな年を迎える時期に援助や支援を必要とする人たちが地域で安心して暮らすことができますよう、今後も市民のみなさまのご協力をお願い申し上げます。

 ✾皆様のあたたかいご協力、誠にありがとうございました✾

税制上の優遇処置について

共同募金会は、税制上、国と地方公共団体と同じように、寄附に対する『優遇措置の対象団体』になっています。
税制上の優遇措置が講じられているのは、共同募金会の行う事業が社会福祉法によって位置づけられた運動であり、共同募金による助成が社会福祉の増進に貢献していると、社会的評価を得ているためです。
 
《個人寄附について詳しくはこちら》赤い羽根共同募金ホームページ個人寄附について
《法人寄附について詳しくはこちら》赤い羽根共同募金ホームページ法人寄附について
社会福祉法人
西之表市社会福祉協議会
〒891-3117
鹿児島県西之表市桜が丘7779番地94
TEL:0997-22-0506
FAX:0997-22-0757
0
1
2
4
1
2
TOPへ戻る